078-341-6348 メールでのお問い合わせ

神戸セジョン 外国法共同事業法律事務所 弁護士 黄 文錫(ふぁん むんそく)

外国法(韓国法)事務弁護士 黄文錫(ふぁん むんそく)

ホーム外国法(韓国法)事務弁護士 黄文錫(ふぁん むんそく)

外国法(韓国法)事務弁護士 黄文錫(ふぁん むんそく)

1970年生まれ。韓国で7年間弁護士として勤務した後、留学のため来日。日本語を習得し、神戸大学大学院法学研究科で学んだ後、法務局の許可を経て日本にて外国事務弁護士登録。日本で唯一の韓国人弁護士となる。日韓の架け橋として「韓国の法律に関わる依頼」という軸で、幅広い分野の相談に対応。韓国で起きた日本人(個人・企業)のトラブルや、在日韓国人のトラブルを含め、守備範囲が広い。企業法務、一般民事法務はもちろん相続、離婚などの家事事件も対応、刑事事件では無罪判決獲得経験あり。

韓国法に関わる相談を韓国で行うと費用も時間もより多くかかってしまうため、「日本に住む韓国弁護士だからこそ、同じ目線で話せる身近な存在として相談してほしい」と日々奔走。また「弁護士は依頼者のために働く」という志を深く胸に刻み、文化の違いも国籍も関係なく1件1件の依頼に丁寧に向き合っている。

弁護士 黄 文錫

経歴

2001年12月
大韓民国司法試験 合格
2004年02月
大韓民国司法研修院 卒業
2004年01月
ソウル地方弁護士会 登録
2004年02月
法務法人 新世紀 入社
2008年02月
弁護士事務所 開業
2008年06月
韓国高麗大学 労働大学院 修了
2010年12月
来日
2012年04月
神戸大学大学院法学研究科 博士前期課程 入学(倒産法専攻)
2012年09月
日本弁護士連合会 外国法事務弁護士 登録
2017年04月
関西大学法科大学院非常勤講師

所属団体・委員会

●兵庫県弁護士会
●在日コリアン弁護士協会

主な取扱分野

●韓国人や韓国企業を相手方とする事件全般
●韓国法が適用される企業法務全般、顧問業務
●韓国法が適用される民事及び家事事件全般
●韓国法が適用される刑事事件全般

※その他の分野に関しても取り扱っている場合がございますので、お問い合わせください。

著書、セミナー、講演など

「再建手続きにおけるDIPファイナンスの展開及び課題」(論文)

趣味、特技

ゴルフ、登山

メッセージ

韓国人として生まれ、日本で暮らす私だけが持つ強みを活かし、日々全力で取り組んでいます。同じ日本で暮らすみなさまの未来をより良くしたいと願っているからです。日本に住んでいるからこそ、韓国企業を相手取る事件や韓国の法律に関わるご相談も、気軽にお問い合わせいただけます。
信頼感を第一に。誠心誠意、対応いたしますので、安心してご相談ください。

気になることがありましたら

まずは一度、ご相談ください